しんきん暦年信託 こころのリボン 特長1 簡単な手続き 特長2 誰に、いくら贈るか指定可能 特長3 元本保証で安心、預金保険の対象

しんきん暦年信託 こころのリボン
しんきん相続信託はこちら 商品詳細

商品概要

お子さまへ、お孫さまへ、ご家族へ、 生前贈与をサポートします。

しんきん暦年信託「こころのリボン」は、
お客様が贈与を希望する場合、その手続きをサポートする商品です。
こころを込めて、贈与を受ける方にお客様の気持ちを伝えてみませんか。

  • こころのリボンの特長

    簡単な手続き 誰に、いくら贈るか 指定可能 元本保証で安心、 預金保険の対象
  • 生前贈与のメリット

    相続税の負担が軽減 資産を有効に活用 家族の絆の深まり
  • スキーム図

    スキーム図

    *原則として信用金庫の普通預金口座を開設していただきます。

  • ポイント

    ポイント

    *詳しくは、商品概要説明書をご覧ください。

    *お申込み・お問合わせに関しては、信託契約代理店(信用金庫)にご相談ください。

ご活用例

贈与する方は、毎年、贈与を受ける方と贈与金額を指定できます(贈与を行わないこともできます)。

  • ご資金がなくなる前に贈与する方が死亡した場合は、贈与する方の相続財産になります。

  • 金額はご活用の際の例示です。

  • その年の1月1日から12月31日までの間に受けた贈与の総額(本商品以外の贈与も含みます)が110万円を超えた場合、贈与を受けた方は贈与税の申告・納税手続きを行う必要があります。

贈与手続き

信金中金は、毎年2月に、贈与する方に「贈与の依頼書」をご送付し、ご返送を受け付けます。
信金中金はご返送いただいた「贈与の依頼書」の内容を確認後、贈与を受ける方に「受贈の確認書」をお送りします。
信金中金は、「贈与の依頼書」「受贈の確認書」の書類の内容を確認した段階で、贈与を受ける方の口座に資金をお振込みいたします。

贈与手続き図
  • 贈与手続きにおけるご留意事項

    • 贈与する方は、原則として年に1回、1月~9月末日までの期間内に贈与手続きの依頼をすることができます(ご契約時(12月を除く)に第1回目の贈与手続きを依頼することも可能です)。

    • 贈与する方は、「贈与の依頼書」をご提出される際、贈与を受ける方に、信金中金から書類が届くことをあらかじめご連絡ください。

    • 次の場合、信金中金は贈与手続きを行うことができない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

      • 贈与する方がお手続き期間内(毎年9月末日まで)に「贈与の依頼書」をご提出されなかった場合

      • 贈与を受ける方がお手続き期間内に「受贈の確認書」をご提出されなかった場合

      • 信金中金が贈与手続きを行う前に、贈与する方または贈与を受ける方にご相続があったことを知った場合

      • 贈与手続中に信託期間満了日が到来した場合 等

    • 贈与手続きは、贈与する方・贈与を受ける方・信金中金との3者間で行うことから、手続き完了までに時間を要しますので、贈与する方の希望時期での贈与に対応できない場合があります。

    • 贈与手続きでご返送いただく書面は、贈与する方・贈与を受ける方それぞれがご自身でご署名・ご押印ください。

    • 贈与する方または贈与を受ける方のご提出書類に不備がある場合、その年の贈与手続きが間に合わないことがありますのでご注意ください。

    • 「贈与の依頼書」を提出した後、その贈与手続きを撤回することはできません。

  • 税務上のご留意事項

    • 本商品における贈与によって、贈与を受ける方が贈与税を申告・納付いただく必要がある場合があります。その場合、贈与を受ける方は贈与税の申告期限内に申告・納付手続きをお願いいたします。

      <贈与を受ける方が贈与税を申告・納付いただく必要がある場合(例)>
      • 1月1日から12月31日までの間に、贈与を受ける方がその年に受けたすべての贈与財産(複数名からの贈与も含みます。)の合計額が110万円を超えた場合

      • 10年間にわたって毎年100万円ずつ贈与を受けることが、贈与する方と贈与を受ける方との間であらかじめ約束されている場合
        *詳細は国税庁ホームページ「タックスアンサー」をご参照ください。

      • 贈与を受ける方が、贈与する方からの贈与について「相続時精算課税」を選択していた場合

    • 贈与する方にご相続が発生した時、贈与した財産が相続税の課税価格に加算され、相続税がかかる場合がありますので、ご留意ください。

      <贈与した財産が相続税の課税価格に加算される場合(例)>
      • 贈与する方が通帳や印鑑を管理しており、贈与を受ける方が贈与の事実を知らない場合

      • 贈与する方から相続などによって財産を取得した方が、贈与する方の相続開始前3年以内に、贈与する方から暦年課税にかかる贈与によって財産を取得した場合

      • 贈与を受ける方が、贈与する方からの贈与について「相続時精算課税」を選択していた場合

    • 本商品による贈与が成立した日は、贈与する方から贈与を受ける方への贈与手続が完了し、ご指定いただいた贈与を受ける方の口座に入金された日です。

    • 今後の税制改正や、今後確定する法令や通達等により、本商品における税務上の取扱いの内容が変更となる場合もあります。

    • 税務上の取扱いの詳細は、税理士や所轄税務署などにご確認ください。

Q&A

申込時

1
金銭信託の商品とは何ですか?
1
信金中金をはじめ、信託兼営金融機関がお客様にかわってお金を管理・運用する金融商品です。
なお、本商品は元本保証が付されており、預金類似商品として元本は預金保険の対象となっています。
2
申込みの際には、今後贈与を受ける人の候補を必ず指定しないといけないのですか?
2
贈与する方の3親等以内のご親族の中から、1名以上を必ずご指定ください。
3
未成年の子や孫に贈与できますか?
3
できます。
この場合、未成年のお子様やお孫様の親権者様にお手続きいただきます。
4
「相続時精算課税」を活用していますが、この商品を申し込むことはできますか?
4
申し込むことはできますが、「相続時精算課税」を適用している方からの贈与については、「暦年課税」の適用を受けることができませんのでご留意ください。

贈与手続き時

5
贈与したくても残高が足りない場合はどうすればよいのですか?
5
追加信託をすることができますので、信託契約代理店にご相談ください。
6
「贈与の依頼書」は毎年いつ頃受け取ることができますか?
6
信金中金より、毎年2月に贈与する方に送付いたします。
7
今後、贈与を受ける方の候補の住所や名前が変わったらどうすればよいのですか?
7
贈与する方に所定のお手続きをしていただく必要がありますので、信託契約代理店にご相談ください。

信託契約代理店一覧

  • お申込み・お問合わせに関しては、以下の信託契約代理店(信用金庫)にご相談ください。

北海道地区

東北地区

関東地区

東京地区

甲信越地区

北陸地区

(平成30年6月1日現在)